弁護士を利用して行う交通事故の少額提訴について

車1

交通事故に遭遇した場合、被害者は加害者に対して慰謝料を請求する権利を持っています。ただ相手が支払いに応じてくれなかったり小さな事故だと、取れる慰謝料も少なくなりやすく裁判を起こした方がコストがかかるケースもありますよね。

そこで今回は弁護士を利用して起こすことができる、少額提訴について解説していきます。

少額提訴とは何か

少額提訴とは、一般的に金銭の請求額が60万円以下の提訴のことを指しています。交通事故案件の中には被害者と加害者の示談が成立しなかったり相手が支払いを拒否する、被害者や加害者が保険に加入していないなどのケースがあり、このようなケースで慰謝料請求の裁判を起こしても手間やコストがかかるだけということがあります。

そうなると慰謝料を勝ち取ったとしてもマイナスになってしまうケースが多いため、被害者側は泣き寝入りしてしまう場合も少なくないのです。そのような事態を改善するために行われているのが少額提訴です。少額提訴の特徴は、請求されている金額が少ないことからほとんど1回の審理で紛争を解決することができるとされています。

また加害者からの支払いに関しても少額なので比較的支払われるケースが多く、裁判にかかる費用や手間も少ないため確実に慰謝料を勝ち取ることができる手段として利用されているようです(支払いがされない場合は強制執行も可能)。

特に交通事故の場合は裁判を起こすまで、または裁判を起こしてから結果が出るまでに時間がかかることが多いので、早目に決着をつけたいという人からも支持されている方法だと言われています。

基本的に少額提訴は弁護士を雇う必要がない

少額提訴のメリットは審理の回数が少なく裁判にかかる期間が短い点が挙げられていますが、それ以上に大きなメリットと言われているのが弁護士を雇わずに裁判を起こすことができるという点です。

一般的に交通事故の裁判は裁判に関する手続きが複雑なので素人だけで訴訟を起こすことは難しく、実際に裁判となるとうまく主張や立証ができないと負けてしまう可能性もあります。また裁判が終わるまでの期間も長いため、弁護士を雇って訴訟を起こすとなるとそれなりにコストがかかってきますよね。

そうなると結果的に裁判に勝ったとしても慰謝料のほとんどが裁判費用や弁護士費用に消えてしまうケースもあり、被害者が損をしてしまうのです。それに対して少額提訴の場合は一般の交通事故裁判よりも手続きが簡単なので、弁護士にお願いしなくても素人が手続きをすることが可能だと言われています。

しかも裁判にかかる期間が短いのでそこまでコストをかけなくてもいいですし、弁護士費用もかけないとなると慰謝料のほとんどを自分のものとして取得することができるのです。このため、少額提訴を起こす場合は弁護士を必ず雇わなければいけないというわけではありません。関連資料>交通事故専門の弁護士 ... アディーレ法律事務所

少額提訴でも弁護士を利用した方がいいケースとは

このように一般的な少額提訴であれば、無理に弁護士を雇う必要はありません。逆に無理に弁護士を雇うと費用がかさんでしまうので、あえて弁護士を利用しないという人も少なくないと言います。ただ全ての少額提訴で弁護士が必要ないかというとそういうわけではなく、場合によっては弁護士を利用した方がいい場合もあります。

その代表的なケースとして挙げられているのが、加害者が通常提訴を希望しているなど少額提訴ができない場合です。実は少額提訴は提訴をすれば必ず少額提訴になるわけではなく、加害者側もそれを承諾しなければいけません。

このため相手が少額提訴を拒んだり通常提訴を希望してしまうと、そのまま通常提訴に移行してしまう可能性があるのです。そうなると少額提訴のメリットを受けられないのはもちろん、裁判にかかる期間や費用がかさんでしまいます。

このため相手に通常提訴を起こさせないためには、弁護士に相談する必要が出てきます。契約をしなくても相談だけであれば無料で対応してくれるところも多いですし、何らかのアドバイスをしてくれることも多いです。それでもなかなか解決しない場合には弁護士を通じて相手と交渉することもできるため、弁護士を利用した方がいいと考えられています。

弁護士を利用して少額提訴をする場合のメリット

弁護士を利用して少額提訴をする場合、最大のメリットと言われているのが手続きを全て弁護士に任せることができる点です。少額提訴はその手続きが簡単にできることから弁護士に代行してもらう必要はないと言われていますが、普段の仕事が忙しい人や交通事故の後遺症で入院している人の場合はなかなか手続きをすることが難しいとされています。

またどんなに手続きが簡単と言っても素人にとってはよくわからない部分も多く、人によっては提訴するまでに時間がかかってしまう人も少なくありません。このような場合に弁護士を利用すると、短期間で必要な手続きを迅速に進めてもらうことが可能です。

しかも弁護士は法的な知識が豊富なのでどのようにすれば有利になるのか、少額提訴を拒否している相手に承諾させることができるのかという点も熟知しています。相談するだけでも証拠の集め方や有利になる方法を教えてもらうことができますし、相談だけであればコストをかけずに利用できる事務所も多いです。

このためより有利に少額提訴を進めたい人にとっては、弁護士の存在は大きなメリットとなります。

交通事故後の対応を弁護士に依頼するのは土日でも可能か

交通事故の少額提訴で弁護士を利用する場合の注意点

交通事故案件での少額提訴で弁護士を利用する場合、まず注意しなければいけないのは費用に関する問題ですよね。自分たちだけで少額提訴を起こすのであれば裁判費用を負担すればいいだけですが、弁護士を利用するとなると弁護士費用も当然負担することになります。

少額提訴は金額が60万円以下なので、請求する金額によっては自分たちの手元にほとんど残らない可能性が出てきます。このため弁護士を利用する場合には請求する金額と裁判費用の割合のほかに、弁護士に支払う費用がどの程度なのかも考えておくことが必要です。

ほかにも弁護士にも交通事故案件が得意な人とそうではない人がいるため、弁護士選びに失敗すると思ったように裁判を進められない場合があります。そうなると勝てるはずだった裁判に負けてしまったり、加害者側の通常提訴の要望が通ってしまうなど被害者側に不利な状態に持ち込まれてしまう恐れもあるのです。

そのような事態を防ぐためにも、弁護士を利用する際には交通事故案件を得意としているかどうかを確認しておかなければいけません。

交通事故を起こした加害者でも弁護士特約は使えるのか